合気道体験

合気道体験

Spring Aikido-Taiken



春の合気道体験会を行います!

合気道を体験してみませんか?
少しでも興味を持たれた・・・あなた。

勇気を出して一歩を踏み出してみませんか?
きっと新しい発見がありますよ。


開催場所

開催場所


【★★★ 火曜日クラスを開設!★★★】

2016年4月5日より野田第一中学校 武道場にて火曜日クラスをスタート‼︎。

新規入会会員も募集しております。

合気道を体験してみたい方、どうぞお気軽にお越しください。

少年部/一般部:19:40~20:40 


2017年の幕開け 元旦 初日の出

2017年の幕開け 元旦 初日の出
松本 猛さん撮影

2017年 元旦 富士山

2017年 元旦 富士山
松本 猛さん撮影

2016年 明龍館 BBQ

2016年 明龍館 BBQ

警視庁が採用している、唯一の合気道!それが、養神館合気道です。

合気道

今がチャンス! 始めてみませんか?




呼吸が変わる。 姿勢が変わる。 心が変わる。 明日が変わる。

合気道

合気道とは・・・武道の中で唯一試合がありません。相手の気持ちを思いながら稽古をするのです。
気持ちが乱れると、すぐに技に出てきます。
相手との比較なんて必要ありません。

興味のある方は、見学だけでもどうぞ!お気軽にお越しください。



2015年2月14日土曜日

稽古日誌--2015/2/14 晴れ

合気道の基本は構えから・・・

また、受け身の重要性も感じてきているのではないでしょうか?

はじめへつまらない動作かもしれませんが、この受け身ができないと

技へ発展できません。

しっかりと覚えていきましょう!


【一般部(基本クラス)】

テーマ:構えと前方回転受け身


構え・・・①肩を落し、小指から手をだす。その時足が遅れたり、手が遅れる事のないように!
■前方回転受け身・・・①手の着きかたは、小指の側面をつけて。伸ばす足をしっかり張る事。
■後方受け身・・・①座りながら真後ろの反転②かかとにお尻をおいて反転③右半身から一歩後ろ脚を引いて反転。
起き上がるところまでしっかり行うこと。
■前方回転受け身・・・基本は後方受け身の要領で!
 右半身の時は・・・左手を伸ばし親指を下にします。
 右手は自分の頬の横において首を倒します。
 伸ばした手の上を通ります。

受け身は、合気道にとってとても重要です。
ゆっくりしっかり覚えましょう!

体の変更(一)、(二)
終末動作(一)、(二)

【一般部】
■基本動作
 ①臂力の養成(一)・・・手を腰に置き、膝、腰を落し、腰が開かないように前の畳まで進む
  ※後ろ足の引きつけも忘れない事!
 ②臂力の養成(二)・・・(二)の向きの仕方から準備に入るまでの動作。

■正面打ち正面入り身投げ(二)
 ①まずは受けからの正面打ちをしっかり受ける事。
 ②切おろし、180度以上回転し重心の移動。襟を持ちに行かない、受けの手を引っ張らない。
 ③襟と、状態お越しは一緒にし、肩で抑える事。
 ④斜行で投げる
 ※斜行で投げられるスペースを作る・・・そのためには180度以上の回転動作で、受けを前に出す 
ここから・・・分かれて稽古(茶帯以上) ■後ろ技両手持ち小手返し(二)
 ①ななめ前に出て両手を合わせながら離脱動作に入る。
 ②受けの飛躍は余裕をもってゆっくり回転すると一体感がでます。

■掛り稽古
 正面突き一ケ条投げ

■初心者
 片手持ち四方投げ(二)

少年部】
■構え、正座法、膝行法
■後方回転受け身/後方受け身
■基本動作連続
■帯に分かれて稽古
 

2015年2月7日土曜日

稽古日誌--2015/2/7 晴れ

いや~・・・寒い!

畳で足の裏が切れそうですよ。

この2月を乗り越えれば春です。

もうひと頑張り、頑張りましょう。




少年部】
■構え、正座法、膝行法
■後方回転受け身/後方受け身
■基本動作連続
■ジュニア合気道の稽古

※少年部、一般部合同の稽古を行いました。


【一般部】
■基本動作
 ①臂力の養成(一)・・・手を腰に置き、膝、腰を落し、腰が開かないように前の畳まで進む
  ※後ろ足の引きつけも忘れない事!

  受けの入り方の練習・・・しっかり覚える事。

 ②臂力の養成(二)・・・(二)の向きの仕方から準備に入るまでの動作。

■肩持ち二ケ条抑え(二)
 ①仕手は構えから、横移動をして当身。目線、腰の向きを注意
 ②少し回転してすりあげからの二ケ条締め
   ※すりあげはあまり上にあげない
   ※受けの拳が肩についている事。


ここから・・・分かれて稽古(茶帯以上) ■座り技両手持ち天地投げ(二)
 ①回転動作の後の回り込む動きを大きく。後ろ足のひきつけもできるだけ早く。

■初心者
 片手持ち四方投げ(一)


■掛稽古
 両手持ち体変更呼吸投げ
 両手持ち合気投げ